目次

[ステップ 0] 事前準備

[ステップ 1] DynamoDB テーブルを構築する

[ステップ 2] IAM Access Key を取得する

[ステップ 3] IoT.kyoto VIS のアカウントを使ってログインする

[ステップ 4] グラフ画面で可視化する

[付録 1] グラフ設定を変更する

[付録 2] しきい値の設定をする

[付録 3] 過去データを検索する

[付録 4] csv をダウンロードする

[付録 5] グラフを並び替える

[付録 6] グラフを削除する

[ステップ 0] 事前準備

事前に準備するもの

1. IoT.kyoto VIS  構成例

IoT.kyoto VIS を活用する際の構成例として以下があります

IoT.kyoto VIS ではデータが Amazon DynamoDB に存在していることが前提となります

全体構成図

2. IoT.kyoto VIS を使用するために必要なデータ

(例)温度と照度を出力する IoT デバイスの場合に必要なデータ

[UTC]
  YYYY-MM-DDThh:mm:ssZ
  YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sssZ
  YYYY/MM/DDThh:mm:ssZ
  YYYY/MM/DDThh:mm:ss.sssZ
  UNIXタイムスタンプ(整数10桁)
  UNIXタイムスタンプ(整数13桁)
[それ以外]
  YYYY-MM-DD hh:mm:ss
  YYYY-MM-DD hh:mm:ss.sss
  YYYY-MM-DDThh:mm:ss+hhmm
  YYYY-MM-DDThh:mm:ss+hh:mm
  YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sss+hhmm
  YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sss+hh:mm
  YYYY/MM/DD hh:mm:ss
  YYYY/MM/DD hh:mm:ss.sss
  YYYY/MM/DDThh:mm:ss+hhmm
  YYYY/MM/DDThh:mm:ss+hh:mm
  YYYY/MM/DDThh:mm:ss.sss+hhmm
  YYYY/MM/DDThh:mm:ss.sss+hh:mm

3. DynamoDB にデータを書き込む方法

{"light": 164, "ID": "id000", "time_sensor": "2016-03-28 15:16:48"}
{"light": 692, "ID": "id000", "time_sensor": "2016-03-28 15:16:49"}

[ステップ 1]DynamoDB テーブルを構築する

1. AWS マネジメントコンソールにサインインします

dynamoDBコンソールへの接続方法

2. リージョンを確認します

リージョンの確認

3. DynamoDB のコンソール画面で[テーブルの作成]を選択します

テーブルの作成

4. テーブル名に任意の名前を入力します

テーブル名の決定

5. プライマリキーのパーティションキーに任意の名前を入力します

パーティションキーの設定

6. [ソートキーの追加]のチェックボックスにチェックを入れます

ソートキー追加

7. プライマリキーのソートキーに任意の名前を入力します

ソートキーの設定

8. テーブル設定の[デフォルト設定の使用]のチェックボックスが付いていることを確認して「作成」をクリックします

DynamoDBの作成

[ステップ 2]IAM Access Key を取得する

ここで作成するアクセスキーにはすべての DynamoDB テーブルのレコードとテーブル情報を取得することができる権限を付与します。テーブルを絞りたい場合はこちらの手順を参考にしてください。

1. Identity and Access Management(IAM)コンソールを開いてください

IAMコンソールの選択

2. [ユーザー]を選択して開き、[ユーザーを追加]をクリックし、任意の名前でユーザーを作成します

ユーザーを追加

ユーザーの作成

3. アクセス権限の設定を行います

ポリシーの選択

4. [タグの追加]は任意で入力し、[次のステップ]を選択します

5. 内容を確認し問題がなければ[ユーザーの作成]ボタンを選択してアカウントを作成します

新規ユーザー確認

csvダウンロード

※テーブルを絞った権限を付与した Access Key の作成方法

Access Key の発行が完了している場合はステップ 3に進んでください

1. Identity and Access Management(IAM)コンソールを開いてください

IAMコンソールの選択

2. [ポリシー]を選択して開き、[ポリシーの作成]を選択します

ポリシー作成画面

3. 特定の DynamoDB テーブルの読み取り専用権限を付与したポリシーを作成します

4. [ユーザー]を選択して開き[ユーザーを追加]を選択し、任意の名前でユーザーを作成します

ユーザーを追加

ユーザーの作成

5. アクセス権限の設定を行います

ポリシーの選択

6. [タグの追加]は任意で入力し、[次のステップ]を選択します

7. 内容を確認し問題がなければ[ユーザーの作成]ボタンを選択してアカウントを作成します

新規ユーザー確認

csvダウンロード

[ステップ 3] IoT.kyoto VIS のアカウントを使ってログインする

※IoT.kyoto VISはInternet Explorerには対応していませんのでご注意ください。

Google chrome や firefox 等のモダンブラウザをご利用ください。

0. IoT.kyoto VISを開きます

VISログイン画面

  1. サインイン:新規登録を終えたあとはここからサインインしてください (旧 VIS サイトで登録されたログイン情報もこちらで利用することができます)

  2. 新規登録:アカウントを保有していない場合はこちらからアカウント作成をしてください
  3. パスワードを忘れた方はこちら:アカウントのパスワードを忘れた場合はこちらからパスワードの再発行を実施してください

1. アカウントの作成をします

1.1. [新規登録]ボタンを選択すると新規登録画面が表示されます

VIS新規登録画面

1.2. メールアドレスと ID、パスワードをそれぞれ入力します

ID がメールアドレスと同様で問題なければ「メールアドレスと同じものを ID として利用する」のチェックボックスにチェックを入れます

利用規約を確認し、[利用規約に同意する]にチェックを入れた後、[登録]ボタンを選択すると設定したメールアドレスに確認メールが届きます。

※パスワードを設定する際は大文字、小文字、数字をそれぞれ含め 8 文字以上に設定してください。この条件を満たさない場合はエラーになります。

1.3. 設定したメールアドレスに認証メールが届くのを待ちます

メール内のリンクをクリックすると登録完了です

2. パスワードを忘れてしまった場合

2.1. [パスワードを忘れた方はこちら]を選択します

2.2. ID を入力して[パスワードをリセットする]ボタンを選択します

認証コード送信画面

登録したメールアドレスに認証コードが送信されます

※ID を忘れた場合はパスワードの再設定はできませんのでご注意ください

2.3 メールに記載された認証コードを使ってパスワードのリセットをします

送信された認証コードをフォームに入力し、新しいパスワードを設定します

[パスワードを設定する]ボタンを選択するとパスワードの再設定完了です

パスワードリセット

[ステップ 4] グラフ画面で可視化する

グラフ画面メニュー

  1. ユーザー設定:タイムゾーンや言語の設定ができます
  2. web サイト:IoT.kyotoのページに遷移します
  3. マニュアル:本ページに遷移します
  4. ログアウト:ログアウトします
  5. グラフ追加:グラフを追加します
  6. グラフ並べ替え:グラフが複数ある場合、グラフの並び替えをします
  7. グラフ表示方法切り替え:グラフを 2 列に並べたり、1 列に並べたりできます

1. グラフを追加します

グラフ追加

2. 認証情報の設定をします

新規認証情報作成

既存認証情報作成

3. テーブル名を入力します

※この時「テーブル名を確認してください」と表示される場合入力されたテーブルが存在していません。テーブル名が正しく入力されているか確認してください

※この時「Step1 で設定した認証情報を確認してください」と表示される場合、認証情報が正しく入力されていない、または設定した認証情報に必要な権限が付与されていない可能性があります。それぞれ確認してください。付与する権限は[ステップ 2] IAM Access Key を取得するを確認してください

テーブル名入力 テーブル情報確認

4. センサーデータの日時フォーマットを設定します

フォーマット設定画面 フォーマット選択画面 フォーマット確認画面

5. 設定内容を確認して保存します

設定確認画面

6. 表示したいセンサーを選択します

センサー選択

表示したいセンサーが無いとき

パーティションキー追加

7. 表示したい表示対象キーを選択し、グラフを描画します

※最新データが存在しない場合描画はできません

表示対象キー更新 グラフ描画

[付録 1] グラフ設定を変更する

ここではグラフのタイトルや更新頻度を設定する方法を紹介します

1. グラフの設定画面を開きます

グラフ設定選択

マニュアル設定

グラフ描画設定画面

2. 各種設定をします

グラフ描画設定概要

  1. グラフ上部に表示するタイトルを変更できます
  2. グラフデータを更新する間隔を設定できます

    最小値は 1 秒ですが値を小さくするとグラフ描画幅が狭くなります

  3. グラフに描画するデータの長さを指定できます

    現時刻から指定された分だけデータを取得します

  4. グラフの横軸に表示する日時フォーマットを設定できます
  5. 縦軸のレンジを設定できます

    off の場合自動で設定されます

  6. グラフのデータ間の線のつなぎ方を設定できます
  7. 選択できるパーティションキーの追加・削除ができます
  8. 選択できる表示対象キーの追加・削除ができます

[付録 2] しきい値の設定をする

1. しきい値設定画面を開きます

グラフ設定選択

マニュアル設定

閾値設定選択

2. 設定したい項目にしきい値を設定します

閾値設定

異常履歴の確認ができます

異常履歴バッチ

異常履歴

メール設定をすることでメール通知を受け取ることができます

アラートメール例

[付録 3] 過去データを検索する

1. 過去データ検索画面を開きます

検索画面選択

2. 検索事項を記入します

検索事項入力

3. グラフを取得します

検索結果

※参照している DynamoDB テーブルの読み込みキャパシティ状況によってデータ取得に失敗することがあります

その際は検索対象期間を狭くしたり DynamoDB テーブルの読み込みキャパシティの調整を実施してください

[付録 4] csv をダウンロードする

1. csv ダウンロード画面を開きます

csvダウンロード選択

2. ダウンロードしたいデバイスと対象期間を指定します

csvダウンロード条件記入

3. csv ファイルを取得します

csvダウンロード結果

※取得対象データが 100,000 件あるいは 5MB を超える場合はダウンロードできません

その場合は対象期間を調整してください

※取得対象データが 100,000 件、5MB に収まっていても対象の DynamoDB テーブルの読み込みキャパシティの状況によってデータの取得に失敗することがあります

その場合は対象期間を調整したり DynamoDB テーブルの読み込みキャパシティを調整してください

[付録 5] グラフを並び替える

この機能は複数のグラフ画面がある時のみ使用可能です

1. グラフ並び替えモードに切り替えます

並び替えモード切り替え選択

2. グラフの並べ替えを実施します

グラフ移動

3. 並べ替えモードを終了します

並べ替え終了

[付録 6] グラフを削除する

1. [グラフ削除]ボタンを選択します

グラフ削除選択

2. アラート画面からグラフの削除を実行します

グラフ削除確認

※[OK]ボタンの選択後はグラフの設定内容等も削除されますのでご注意ください